TEL

交通事故の怪我をほっておいてはいけません。 | さいたま市・浦和・武藏浦和駅・西浦和駅・戸田・めぐみ整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故の怪我をほっておいてはいけません。

交通事故の怪我をほっておいてはいけません。

2020.02.28 | Category: 交通事故

交通事故でのお悩みは、ケガの痛みよりも後から出てくる、頭痛や体のだるさ、心のケアなど見た目ではわかりにくいのが特徴です。

交通事故後、すぐに病院でレントゲンやMRI検査をしてもらっても骨に異常がなく、数日後に身体の不調がでてくることがあります。
これは、レントゲンでは骨の異常しかわからず体の筋肉や神経の損傷がわからないからです。

めぐみ整骨院には、怪我が治っても原因が分からないとお悩みの方が、多く来院されます。

初期治療がきちんとできていないと、交通事故による不調がその後、後遺症としてずっと体に残る可能性が高くなるので、初期治療がとても大事になります。