TEL

前腕下部の骨折 手首の骨折 交通事故 自転車事故 | さいたま市・浦和・武藏浦和駅・西浦和駅・戸田・めぐみ整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故 > 前腕下部の骨折 手首の骨折 交通事故 自転車事故

前腕下部の骨折 手首の骨折 交通事故 自転車事故

2018.03.28 | Category: 交通事故

通常、手首の骨折は、転倒を防ごうとして手首が反った状態で開いた手をついたときに起こります。この場合、橈骨が手首の近くで折れ、その下端側の骨片が手の甲側にずれてしまいます。この種の骨折はコーレス骨折と呼ばれます。ときに手首が明らかにゆがんでいることがあります。尺骨の一部が折れることもよくあります。コーレス骨折は高齢者に多くみられ、特に骨粗しょう症で骨がもろくなっている人によく起こります。

それより頻度は少ないものの、転倒時に手の甲側を地面について手首が曲がったり、手首の甲側に(ホッケーやラクロスのスティックなどで)打撃を受けたりして、手首を骨折することがあります。この場合、折れた橈骨の下端側の骨片が手首の手のひら側にずれます。この種の骨折はスミス骨折と呼ばれます。

病院 整形外科 受付所 交通事故、労災、武蔵浦和、戸田、中浦和、西浦和、南浦和、さいたま市南区、ムチ打ち施術、首の痛み、腰の痛みなら、めぐみ整骨院