TEL

手首の骨折 (交通事故、労災、武蔵浦和、戸田、中浦和、西浦和、南浦和、さいたま市南区、ムチ打ち施術、首の痛み、腰の痛みなら、めぐみ整骨院) | さいたま市・浦和・武藏浦和駅・西浦和駅・戸田・めぐみ整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 症例 > 手首の骨折 (交通事故、労災、武蔵浦和、戸田、中浦和、西浦和、南浦和、さいたま市南区、ムチ打ち施術、首の痛み、腰の痛みなら、めぐみ整骨院)

手首の骨折 (交通事故、労災、武蔵浦和、戸田、中浦和、西浦和、南浦和、さいたま市南区、ムチ打ち施術、首の痛み、腰の痛みなら、めぐみ整骨院)

2016.12.13 | Category: 症例

kshfosgr

難しい名前が付いていますが、橈骨遠位端骨折がこの手首骨折の正式名称だそうで、 橈骨というのは、手首から伸びている骨です。

高齢者でも多い骨折の1つである「橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)」。 いわゆる「手首の骨折」になります。(※ 高齢者の4大骨折 : 上腕骨外科頚骨折、橈骨遠位端骨折、脊椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折 )

若い人なら転んで手をついたぐらいでは骨は折れないのですが、高齢者とくに女性は骨粗鬆症で骨が弱くなってしまっていることが多いために骨が折れてしまうのです。(※ もちろん若い人にもあります。 路面が凍結しやすい時期は転倒の危険が増しますので注意してください。)

手首を骨折してしまった場合、ギプスなどで固定するため手首の動きが硬くなったりし ます。 そのため、大事な手首の動きを悪くさせないように適切なリハビリをする必要が あります。